2017年3月21日火曜日

せり鍋。

不動産会社のブログらしからぬタイトル・・・。
ちょこっとブレイクということで。
日曜日。長岡駅に用があり、帰りにCoCoLoのスーパーに寄り道。
すると、春の七草がゆでもお馴染みの “せり” が並んでいました。
新鮮そう。ボリュームがあって1束130円。
ちょうど療養中、宮城県出身の森公美子さんの料理番組で、
ご地元のせり鍋を紹介していて、美味しそうだねなんて話していたところ。
七草がゆでお馴染みと言っても、せりをむしゃむしゃたくさん食べたことはない我が家。
物は試し!と2束購入して、せり鍋初挑戦。
ネットで検索すると、すぐにテレビで見た森公美子さんのレシピを発見。
丁寧に乗っていました。
※写真をクリックすると、全10枚の写真をご覧いただけます。
めんつゆで味付けなのでとっても簡単。
しかも、具材は、せりの他には、鶏肉、白菜にきのこと、非常にシンプル。
我が家はアレンジでゴボウを加えました(これも正解でした!)
ポイントは、せりに火を通しすぎないことと、鶏肉に下味をつけること+片栗粉をまぶすこと。
むね肉ですが、そぎ切りにして柔らかく。
片栗粉のおかげで、パサつかずとろみもでました。
根っこまで食べるせり。
繊維が固かったり、歯に挟まったりしないのかな~なんて思っていたのですが、
筋は全くなし!柔らかく、葉と根の触感の違いがこれまた良い。根っこを食べる意味がわかりました。
そして、ほのかな香り。春の香りですね。
お天気が良いいようで、まだ風が冷たかった連休。
せり鍋で、体の芯からあったまりました。
美味しくてついついおなかいっぱい食べたのですが、翌朝、何やら胃がすっきり。
家族も同じことを言っておりましたので、もしや、せり効果?と、調べてみると・・・
セリの香り成分には、人間の体温を上げて発汗作用を促す効果があり、風邪による冷えなどに有効とされる[1]
また、栄養成分にβ-カロテンビタミンB2Cカルシウム鉄分などの栄養素を主に含み、
胃や肝機能を整えたり、血液中の老廃物やコレステロールを排出して浄化する効果が高い食材といわれる[1]
(ウィキペディア先生より)
ほほう。美味しいだけでなく、健康にも良いのですね。
いやぁ、本当においしかったです。
野菜としてのせりの旬は、3月4月とのこと。またすぐにでも食べたい!
我が家のニューメニューに加わりました。

あわせて、食後のスイーツ情報。
2月末から3月は、我が家の誕生日ラッシュ。祖母と母と私。合同の誕生日ケーキ。
いつもお祝いなどに美味しいケーキを買いに寄せてもらっている、
千歳のロンドレット・バームさん。干場にあるオマージュ・ア・パリの千歳店です。
いつもはどれも美味しそうなケーキを悩みながら一種類ずつ選んでいますが、初めてホールを予約。
祖母が好きなチョコレートのものにしました。
甘さ控えめのチョコクリームで、みんなでぺろり。
スポンジがほろ苦く、大人のチョコレートケーキ。
とても美味しかったです!
溢れんばかりのロウソクは、3人の合計年齢である183歳にちなんで12本。
内訳は大いに割愛させていただきます。
美味しいものをたくさん食べて、英気を養った連休でした。

追記。Googleさんが素敵な写真にしてくれていました。