2014年6月20日金曜日

【長岡市新築建売住宅】パークタウン稲保3-15モデルハウス 棟上げ直後の「ひとり構造見学会」

上棟の後、雨の降る前に屋根のアスファルトルーフィングまで完了。

大切な木材を濡らさずに済み、ほっと一息。

これからは工程はどんどん先に進み、骨組みが見えなくなるところが出てきます。

今が建物の構造を見る絶好のタイミング。

仕事の邪魔にならないよう、早朝にひとりで現場に行って、かなり詳細に撮影してきました。

それにしても、かなり断面の大きな部材を多く使い、火打などもこれでもかと言うくらいに取り付けられています。

剛性の高い構造をしていることが、見た目でも感じ取ることができます。

「自然素材の家」がコンセプトのモデルハスです。

接着材を使用した集成材は、断面の大きな化粧梁を受けるために大きくなった1.5間の胴差1本と、2階小屋組みの2間飛ばしの梁1本の合計2本のみ。

あとは処理塗装なしの無垢材だけです。

(ただし、床の下地材は24mmの構造用合板JAS等級F☆☆☆☆を使用)

最近では野地板は合板を使用するケースが多くなってきていますが、ここではまさに野地板(杉板15*180)を使っています。

写真を全部で110枚以上UPしてあります。

写真の部分をクリックするとアルバム形式でご覧いただけます。

じっくり部材の断面の大きさ・配置、継手・仕口の位置形状、緊結金具の取り付け状況等、見ていただきたいと思います。

興味のある方は、きっと飽きが来ない筈です。

なかなか、こんな機会はありません。

誰にも遠慮することは必要ありませんから、じっくりと心ゆくまでご覧いただけると思います。
Google+Photoアルバム: 棟上げ直後の「ひとり構造見学会」

Google+Photoアルバム: 棟上げ直後の「ひとり構造見学会」

Google+Photoアルバム: 棟上げ直後の「ひとり構造見学会」

Google+Photoアルバム: 棟上げ直後の「ひとり構造見学会」