2014年5月24日土曜日

【長岡市新築一戸建て住宅】パークタウン稲保3-15 販売用モデルハウス 基礎コンクリート工事着工

Google+Photoアルバム: 基礎コン 着工

基礎工事の現場は、一面のクローバー。

白い花が咲いています。

「しろつめくさ」という名前が付いているのも頷けます。

季節の花300:http://www.hana300.com/sirotu.html

昨日の強い雨にもかかわらず、土はサラサラ。

搬入土の土質が優れています。

Google+Photoアルバム: 基礎コン 着工

さらに、全面道路より15cm高く盛り土をしてして仕上げてあることも、効果を発揮しているものと思われます。

このように地盤の高さを高め仕上げてあると、自ずと建物の基礎の高さもそれだけ高く設定されます。

無駄に土を多く動かすような計画はしないからです。

やや高めに設定された基礎の高さ、水はけのよい土質が相まって、湿気の少ない衛生快適な敷地、床下の環境が作り出せることになります。

15cm高く宅地地盤を仕上げる。

簡単なことのようですが、ここまで配慮されて、かつ、実行されている造成地。

そして、土ぼこり防止と夏の暑さを緩和するための一面のクローバーに覆われた公園のような街区。

あまり、他では例を見ることは出来なのではないでしょうか。

Google+Photoアルバム:基礎コン 着工


パークタウン稲保Facebookページ:https://www.facebook.com/pages/