2014年3月7日金曜日

雪の空を見上げると、青空が。

標高の高いスキー場のような粉雪が、5㎝くらい積もりました。

 今日も、かなりの冷え込みです。

 まだ誰も歩いていない遊歩道を歩いてゆくと、静けさの中に乾いた雪を踏みしめるクックッという音が響きます。

 堤防に出ててみると東山が雪に霞んで、山水画のよう。

 しばらく歩いて、空を見上げると、雲の切れ間から明るい青空が覗いていて、その周りの雲だけ朝日を浴びて白く輝いていました。

 会社に携帯電話を忘れ、素晴らしい写真を撮れるチャンスを逃してしまいました。

 もうすぐこの雪も止みそうです。

 家を出たときの重い雰囲気が、一気に吹き飛んだような気分。

 冬の天気は、非常に変化が速く、1日の中でも色々な様相を見せます。

 家にたどり着いた時には、また鉛色の雲に覆われて、激しく雪が降り出しました。


 画像が何もないと何か寂しいので、銀行に行った帰りに大手通り交差点とアオーレの様子をパノラマ撮影してきました。

アルバム表示2014/03/07 大手通り、アオーレのパノラマ AM10:30
<; *拡大表示は上の画像をクリック!>

 長岡市のメインストリートにしては、ちょっと寂しいものがります。 

もっと賑わいが戻って欲しいものです。